大会申し合わせ事項(通年)
 全国高体連空手道専門部
大会申し合わせ事項(通年)
 ※2024年2月12日更新
都道府県別 行事予定・加盟校一覧
【名簿の送付先】※ご協力ください
kotairen@wkf.jp

北海道地区
 ・北海道高体連空手道専門部
▼東北地区
 ・青森県高体連空手道専門部
 ・岩手県高体連空手道専門部
 ・秋田県高体連空手道専門部
 ・宮城県高体連空手道専門部
 ・山形県高体連空手道専門部
 ・福島県高体連空手道専門部
関東地区
 ・東京都高体連空手道専門部
 ・山梨県高体連空手道専門部
 ・神奈川県高体連空手道専門部
 ・千葉県高体連空手道専門部
 ・埼玉県高体連空手道専門部
 ・栃木県高体連空手道専門部
 ・群馬県高体連空手道専門部
 ・茨城県高体連空手道専門部
北信越地区
 ・長野県高体連空手道専門部
 ・新潟県高体連空手道専門部
 ・富山県高体連空手道専門部
 ・石川県高体連空手道専門部
 ・福井県高体連空手道専門部
東海地区
 ・静岡県高体連空手道専門部
 ・愛知県高体連空手道専門部
 ・三重県高体連空手道専門部
 ・岐阜県高体連空手道専門部
近畿地区
 ・京都府高体連空手道専門部
 ・大阪高体連空手道専門部
 ・兵庫県高体連空手道専門部
 ・奈良県高体連空手道専門部
 ・滋賀県高体連空手道専門部
 ・和歌山県高体連空手道専門部
中国地区
 ・岡山県高体連空手道専門部
 ・広島県高体連空手道専門部
 ・山口県高体連空手道専門部
 ・鳥取県高体連空手道専門部
 ・島根県高体連空手道専門部
四国地区
 ・愛媛県高体連空手道専門部
 ・香川県高体連空手道専門部
 ・徳島県高体連空手道専門部
 ・高知県高体連空手道専門部
九州地区
 ・福岡県高体連空手道専門部
 ・佐賀県高体連空手道専門部
 ・長崎県高体連空手道専門部
 ・大分県高体連空手道専門部
 ・宮崎県高体連空手道専門部
 ・鹿児島県高体連空手道専門部
 ・熊本県高体連空手道専門部
 ・沖縄県高体連空手道専門部
インターハイ・センバツ大会DVD

インターハイ・センバツ大会DVD
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

TOP  >  お知らせ  >  jkf-hs  >  東北地区  >  第35回東北高等学校空手道選抜大会閉幕

jkf-hs さんの日記

カテゴリー [東北地区] 
 
2022
1月 28
(金)
21:12
第35回東北高等学校空手道選抜大会閉幕
次の日記 カテゴリー  東北地区
本文
第35回東北高等学校空手道選抜大会は
令和4年1月21日(金)、22日(土)、
23日(日)の3日間にわたり開催され、
青森・岩手・宮城・福島・山形・秋田
の東北6県より選抜された選手が一堂
に会して競技が行われました。

 新型コロナウイルスの影響により無
観客試合となってしまいましたが、関
係各位の皆さまのご尽力と参加された
皆さまのご協力により、大会を開催す
ることが出来ました。この場を借りま
して心より感謝申し上げます。

 初日21日は男女個人形および男女団
体形競技の第一ラウンドが行われ、男
子個人形24名の頂点に立ったのは木村
碧那選手(東北学院)。女子24名の頂
点に立ったのは井上優菜選手(尚志)。

 二日目22日は男女団体形および男女
個人組手、男女団体組手の一回戦が行
われました。男子団体形11校の頂点に
立ったのは東北学院高等学校(宮城)、
女子13校の頂点に立ったのは尚志高等
学校(福島)。

 男子個人組手-55kg級(参加14名)
は村上太一選手(秋田工業)、-61kg
級(参加12名)は八島誠留斗選手(
学法福島)、-68kg級(参加12名)は
小川大道選手(青森明の星)、-76kg
級(参加13名)は千枝紘選手(仙台育
英学園)、+76kg級(参加11名)は木
村碧那選手(東北学院)がそれぞれ
第一位となり、男子-61kg級優勝決定
戦では大竹良介選手(尚志)が優勝
しました。

 女子個人組手-48kg級(参加11名)
は中野茜里選手(青森明の星)、-53
kg級(12名)は船水明莉選手(青森
明の星)、-59kg級(参加12名)は
齋藤愛萌選手(聖和学園)、+59kg級
(参加13名)は阿部カノア選手(石
巻市立桜坂)がそれぞれ第一位とな
り、-53kg級優勝決定戦では船水明莉
選手(青森明の星)が優勝しました。

 三日目23日は男女団体組手。男子団
体組手13校の頂点に立ったのは青森明
の星高等学校(青森)、女子団体組手
12校の頂点に立ったのは聖和学園高等
学校(宮城)。詳細結果は下記の通り。

第35回東北高等学校空手道選抜大会結果

YouTube再生リスト

閲覧(4203)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。